読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今私は小さな魚だけれど

ちょっぴり非日常な音楽を紹介するブログです

ACROSS THE ENDING

今回紹介するのは日本の哀愁メロディックパンクバンド"Hawaiian6"のミニアルバム。

中学のとき聞いておったまげた覚えがあり、個人的にけっこう思い入れのある作品です。

彼らの特徴はHi-STANDARD直系の疾走感と、歌謡曲のような哀愁のあるメロディー。

たった15分のアルバムですが、最初から最後まで疾走しています。

暗い曲と明るい曲が交互に並べられており、感情の起伏が楽しめるアルバムです。

メランコリックな曲代表"WONDERFUL WORLD"。

【ニコニコ動画】Hawaiian6 - Wonderful World

明るい曲"MAGIC"。

メロディーの哀愁を保ちつつ、こっ恥ずかしいくらいポジティブで甘いメロディーです。

この曲が一番好きというファンも多いようです。

【Hawaiian6】MAGIC【日本語訳】

◆こんな人にオススメ!

演奏はメロコアなんですが、彼らの哀愁・疾走感はメタルファンにも響くでしょう。

というかHawaiian6のファンは潜在的メタラーなんだと思うんですがどうなんでしょうか?

Sum4110-FEETMetallicaの影響を受けてるらしいので、意外にジャンル自体に通じるものがあるのかもしれません。

(彼らの場合、オリジナリティを出すためにメロコアに歌謡曲のメロディーを取り入れたという経緯があるので、直接メタルとは関係ないようですが)

そして本作は15分で疾走感と激しい感情の起伏を楽しめるミニアルバムです。

彼らを始めて聞いてみたい方はこれか"BEGINNINGS"あたりを聞いてみると良いでしょう。

余談ですが、彼らの登場以降、同様に哀愁や疾走感のあるメロコア/エモバンドが増えてきました。

特にUNLIMITSなどオススメなので興味のある方は調べてみてください。