読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今私は小さな魚だけれど

ちょっぴり非日常な音楽を紹介するブログです

【特集】アニソン・ボーカル・アイドルユニットi☆Risは初期QUEEN系アイドルなのか?

特集 電波ソング

アイドルユニットi☆Risが、4thシングル『WONDERLAND』でまたもや初期QUEEN的なドラマチックかつ幻想的な楽曲を歌っていました。やはりというか、例によって永井ルイさんが作曲&編曲、そして全楽器演奏やコーラスも担当しています。

i☆Ris / 幻想曲WONDERLAND


i☆Risといえば、アニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』のエンディング曲である3rdシングル"§Rainbow(セクションレインボー)"も非常にQUEENでしたね。というわけで、「i☆Ris永井ルイさんがプロデュースしている初期QUEENを標榜するアイドルユニットなのか!」と思いかけましたが、別にそんなことはなく1stと2ndは別の方が作曲していますし、積極的にカバー曲を発表し、アニソンカバーミニアルバムを発売したりしているようですね。

なんとなくニコニコ動画で『プリティーリズム・レインボーライブ』を観ていたら、ED曲のQUEEN風の楽曲に惹かれ、調べてみるとやはり永井ルイさんが作曲していました。

それがこの曲、アニソン・ヴォーカル・アイドルユニットi☆Risが歌う"§Rainbow(セクションレインボー)"です。ポップなボーカルメロディーに絡むブライアン・メイ風のギターが"You are my best friend"っぽい気がします。

【今週のまとめ】女の子向けアニメ『プリティーリズム』で永井ルイさんがQUEEN風ポップなED曲を作ってた│今私は小さな魚だけれど


i☆Ris / §Rainbow<TV Edit>


1stシングル"Color"。これは作曲:大久保友裕さん、編曲:五十嵐宏治さんで、もちろんQUEENっぽいということはありません。


i☆Ris / Color


永井ルイさんはももいろクローバーZにも"月と銀紙飛行船"という、こちらも幻想的でQUEENめいた雰囲気の曲を提供しています。やはりi☆Risが狙ってQUEENを目指しているのではなく、永井ルイさんの仕業による部分が大きいのでしょう。





話は変わりますが、海外の音楽おすすめサービスPandoraの『ミュージックゲノム』発案者が、「シナリオや映像は明確な説明をする映画監督たちが、音楽の注文では要領を得ない」「『恐ろしい』という曖昧な言葉を、音楽理論では何なのか」と悩んた上で音楽のデータベースを作ろうという発想に至ったそうです。

永井ルイさんの場合はこういう発注を全部QUEEN風に解釈している気がします。例えば「ポップな曲でお願いします」は「ああ、"You are my best friend"ね!」、「壮大な楽曲で~」は「QUEEN IIあたりの楽曲かな?」、「フラッシュゴードンみたいな曲」には「フラッシュゴードンみたいな曲」で!多分「電波ソング作ってください!」って発注が来たら"Radio Ga Ga"みたいな曲を作るんだと思います。


今の時代、アイドルもJ-POPもなかなか大変なようで、様々な人が試行錯誤を繰り返しているようです。けっこうハードコアな方向に進んでいるようで、例えばテンポがめちゃくちゃ高速化しているという話もあります。

2010年代のJ-POPのテンポが「高速化」してるという話 - 日々の音色とことば:

アイドルでいえばももクロでんぱ組.incとか思い浮かびますね。このへんは直接/間接的に前山田健一さんの仕業が大きいんじゃないかとも思いますが。

そんな中で、特定のジャンルに囚われず、なおかつポップさと尖った部分を併せ持っているQUEEN的な音楽はイケるんとちゃうか~みたいな話を書こうと思ったけど長くなりそうだし話が他に行っちゃいそうなので割愛。