読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今私は小さな魚だけれど

ちょっぴり非日常な音楽を紹介するブログです

【歌謡ロック】印藤勢(SEI WITH MASTER OF RAM、ex.マシリト)ロングインタビューが公開されています

週刊「歌謡ロック」 歌謡ロック メタル

SEI WITH MASTER OF RAMマシリトなどのバンドで、またライブハウ新宿ANTIKNOCKのスタッフとしても活動する印藤勢さんのロングインタビューが公開されています

スタンダード/アンダーグラウンドとは、バンドとしての"サービス"と自分自身の"エゴ"が融合・両立できるのか、という面白い話が出てきています。

 SEI WITH MASTER OF RAMは何処までも業の深いバンドだと思う。ex.マシリトの印藤勢氏によって2010年に結成され、2013年に1stアルバム「a sheep」(当ブログでのレビューはこちら)をリリースしたが、これは新たなるロックのスタンダードだ。マシリト時代から歌謡曲とヨーロピアンメタルとの融合から始まる新たなロックのスタンダードを追求していたけど、SEI WITH~はその最奥にあるもっとドロドロとしたエッセンスのみで生み出されたバンドであり、一見すると飛び道具的アプローチを繰り出しているバンドだと思わせておいて、どこまでも純粋なロックバンドであり続け、いやロックバンドだからこそ生み出せる残酷なロマンがそこにはあった。それはアンダーグラウンドだとかオーバーグラウンドを超えた本当にリアルであり、全方位を対象とした宣戦布告だ。

>>SEI WITH MASTER OF RAM 2014.6.8@新宿ANTIKNOCK

6月5日(金)に新宿ANTIKNOCKで開催されるSEI WITHの主催イベント『伝説のレジェンド20』の情報も公開されつつあります。

【PR】歌謡ロックの最新情報なら歌謡ロックbot(@kayourock)をフォロー!!!
歌謡ロックのリクエスト紹介や、関連する最新情報のリツイートなどやってます。



カイモクジショウMUSHA×KUSHAなどが出演するライブイベントが大阪のライブバー十三FANDANGOで開催されるそうです。

それでも尚、未来に媚びるに投票できます。

【PR】歌謡ロックの最新情報なら歌謡ロックbot(@kayourock)をフォロー!!!
歌謡ロックのリクエスト紹介や、関連する最新情報のリツイートなどやってます。